エクセルで簡単に解決!帯分数⇔仮分数の丸つけ

前回は、面倒な「あまり」のある割り算の丸つけについて、エクセルで簡単に処理する方法を説明しました。

今回は、帯分数から仮分数、又は、仮分数から帯分数への変換について説明します。

帯分数から仮分数へ変換 答えだけを残す場合

答えだけ出せば、問題文は残らなくてもOKという場合には、以下の方法が最短だと思います。

(1)指定した列の表示が仮分数になるよう、「セルの書式設定」を行います。

列の頭の文字(下の写真では「B」の文字)を左クリック緑になったら右クリック「セルの書式設定」を左クリック

(2)下の表示が出たら「ユーザー定義」を選び、「種類」の下のマスに「?/?」と入れ、「OK」をクリック。

(3)帯分数を入力後「Enter」(下の画像では、「=」を入れていますが、不要でした。

例えば、1と1/3は、1と1/3の間に、半角スペースを入れます。その後、Enterキーを押すと、「4/3」と答えが表示されます。

この方法の場合、最短で答えを表示することができます。ただ、表示された数字と、子供の答えが違う場合、子供の答えが違うのか、こちらが打ち間違えたかを確認するために、打ち直しの必要が出てきます。子供が間違えまくっていると地獄です。何のためのエクセル先生なのかと(泣)

このため、子供の間違いが多い場合や、繰り返し丸つけを行う場合兄弟がいて数年後にまた使うかなぁという場合には、問題文を残した方が最終的な手間は小さくて済むと思います。このため、問題を残す方法についても書いておきます。

問題を残す必要がない、という方は、次は飛ばしてOKです。飛ばした先に、仮→帯の答えのみバージョンも記載しています。

帯分数から仮分数へ変換 問題と答えを残す場合

(1)まずは、問題となる帯分数を入力します。

例えば、1と1/3は、1と1/3の間に半角スペースを入れます。

(2)帯分数の隣の列の表示が仮分数になるよう、「セルの書式設定」を行います。

列の頭の文字(下の写真では「C」の文字)を左クリック緑になったら右クリック「セルの書式設定」を左クリック

(3)下の表示が出たら「ユーザー定義」を選び、「種類」の下のマスに「?/?」と入れ、「OK」をクリック。

これで、C列の分数が仮分数で表示されるようになります。

(4)「=(仮分数にしたい帯分数のセル)」を入力後「Enter

下の画像は、全て半角で「=B2」と入れた状態です。入れ終わったらEnterキーを押します。

(5)あとは、一気に同じ計算をさせます。オートフィル機能(連続入力機能)を使います。

緑の四角の右下にカーソルを合わせて、細い十字ポインタを一気に引っ張るあのやつです。

問題文と一緒に残しておいた方が、最終的な手間は小さいような気がします。

次は、逆パターンの仮→帯の答えだけバージョンです。仮→帯の問題付きを見たい方は、飛ばしてもOKです。

仮分数から帯分数へ変換 答えだけを残す場合

(1)指定した列の表示が帯分数になるよう、「セルの書式設定」を行います。

列の頭の文字(下の写真では「B」の文字)を左クリック緑になったら右クリック「セルの書式設定」を左クリックこれをやらないと、仮分数のつもりで4/3と打った時に、「4月3日」等と出力されてしまいます。

(2)下の表示が出たら「分数」を選び、「3桁増加(312/943)」を選び、「OK」をクリック。

これで、B列の分数が帯分数で表示されるようになります。

(3)仮分数を入力後「Enter

帯分数から仮分数の場合と同様、問題文を残す方法についても記載しておきます。

仮分数から帯分数へ変換 問題と答えを残す場合

(1)指定した列の表示が仮分数になるよう、「セルの書式設定」を行います。

列の頭の文字(下の写真では「B」の文字)を左クリック緑になったら右クリック「セルの書式設定」を左クリック

(2)下の表示が出たら「ユーザー定義」を選び、「種類」の下のマスに「?/?」と入れ、「OK」をクリック。

これで、B列の分数が仮分数で表示されるようになります。

(3)問題となる仮分数を入力します。

(4)指定した列の表示が帯分数になるよう、「セルの書式設定」を行います。

「C2」のセルに、「=B2」と打ち込むと帯分数で答えが出そうですが、このままでは出ません。

(5)下の表示が出たら「分数」を選び、「3桁増加(312/943)」を選び、「OK」をクリック。

(6)「=(帯分数にしたい仮分数のセル)」を入力後「Enter」

下の画像は、全て半角で「=B2」と入れた状態です。入れ終わったらEnterキーを押します。

(7)あとは、一気に同じ計算をさせます。オートフィル機能(連続入力機能)を使います。

緑の四角の右下にカーソルを合わせて、細い十字ポインタを一気に引っ張るあのやつです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

いかがでしたでしょうか?くもんなんかだと、一日分で数十問とかあり、これを繰り返し解くので、計算機でできない問題は、PC上に模範答案があるだけでだいぶ違います。

あとは、最小公倍数・最大公約数編についても作成していきたいと思います。

それではー!!

最新情報をチェックしよう!